さよならブルーバード 53年間ありがとう 今度はシルフィー | ねこねこニュース

さよならブルーバード 53年間ありがとう 今度はシルフィー

5日、日産自動車は新型「シルフィー」を発表しました。先代までは、「ブルーバード・シルフィー」でしたが、今回からブルーバードの名城がなくなりました。ちなみに単独の「ブルーバード」としての社名は2001年が最後でした。

「ブルーバード」、個人的には思いで深い車名です。免許を取ったとき、実家にあったのが910型のブルーバード。当時既に10年落ち位だったと思います。パワステの無い、マニュアルミッション車。教習所の車が新型のローレルで、とてもハンドルやペタルの軽い車でしたので、最初、すごく運転し辛かったのを覚えています。このころの車は、幅は狭かったんですが、全長は長かったんですね。サイズを見ると細長いのに驚きます。ただ、4隅ははっきり見えたので、取り回しは楽でしたね。しかし、今度の「シルフィー」は3ナンバー専用ボディのようです。ただしmエンジンは1800のみです。

 

日産自動車からは、「セドリック」「グロリア」「ローレル」に続き、「ブルバード」が無くなりました。「サニー」ももうないんでしたっけ?残ってるのは「スカイライン」「Z」位か。別に車名を変えなくてもよいような気もするけどなあ。今、こういう車を買う人は60歳以上がほとんど、昔の名前の方がわかりやすくて良いと思うけどなあ。

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
トップページへ » ねこねこニュース

ねこねこニュース TOP » 自動車 » さよならブルーバード 53年間ありがとう 今度はシルフィー